環境省、中部山岳国立公園における利用者参加制度のあり方検討会を開催

発表日:2021.08.03

信越自然環境事務所は、「第1回中部山岳国立公園南部地域山岳部における利用者参加制度のあり方検討会(仮称)」を開催する(開催日:令和3年8月11日、於:松本市勤労者福祉センター)。同国立公園は、北アルプス一帯を占める我が国を代表する山岳公園で、1934年に誕生した、最初の国立公園の一つ。南部地域には槍・穂高連峰を中核とする山岳を含む。今回の検討会では、1)利用者参加制度の導入検討に係る経緯、2)利用者参加制度のあり方検討会(仮称)について、3)実証実験の実施概要について審議する。出席者は、関係行政機関、地域関係者、有識者を予定し、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、基本的な感染防止対策を講じた上で公開するという。

新着情報メール配信サービス
RSS