中部電力(株)、電気自動車用急速充電器を同社支店に設置

発表日:2010.03.19

中部電力(株)は、2010年3月19日、同社の名古屋支店および岡崎支店に電気自動車向け急速充電器を設置したと発表した。同社は、「持続的発展が可能な地域づくり」への貢献を目指す取り組みの一環として、電気自動車およびプラグインハイブリッド車の普及拡大を支援している。そして、2020年度末までに、同社の業務用車両の4割強にあたる約1,500台の電気自動車・プラグインハイブリッド車を導入するとし、今年度は電気自動車90台を導入している。同社は、今回の充電器の設置により、これらの電気自動車をより有効的に活用可能になるとしている。また、2010年4月から2014年3月までの間、EV・PHVの本格的な普及に向けて関係事業主体で設立した「あいちEV・PHV普及ネットワーク」参加者に利用してもらい、充電量、利用頻度などの利用データを収集・分析することで、今後の急速充電器を含めた充電インフラの評価・検討に役立てたいとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS