日本コカ・コーラ(株)、ソーラーパネルを搭載した自動販売機を開発

発表日:2010.03.16

日本コカ・コーラ(株)は、ソーラーパネルを搭載した自動販売機を開発し、2010年3月より順次、本格設置を開始すると発表した。この自動販売機は、本体の上部に設置したソーラーパネルでの発電と製品ディスプレイ部分に使用したLED照明により、夜間稼動時の照明の消費電力を全てまかなうもの。また、より高い省エネ性能を実現するため、既存の環境配慮型自動販売機と同様にヒートポンプ機能を搭載。さらにはノンフロン冷媒や最新の真空断熱材を使用しているという。同社はこれまでも、冷媒のノンフロン化、国内No.1の省エネ性能を実現した次世代自動販売機の展開、ノンフロン・ヒートポンプ機能を搭載した自動販売機の設置拡大など、環境保全に対する様々な取り組みを実施しており、今後、今回開発したソーラー自動販売機を2010年度中に全国で約1,500台設置することを目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS