本田技研工業(株)、埼玉県との次世代パーソナルモビリティーの実証実験計画を公表

発表日:2010.12.20

本田技研工業(株)は、埼玉県と共同で実施する、次世代の電動パーソナルモビリティー(電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車、電動二輪車、電動カートなど)を用いた実証実験の計画を公表した。今回の実証実験は、実際の都市交通環境下において、二輪車・四輪車・汎用製品の電動化技術や、情報通信技術、太陽光発電によるエネルギー供給設備などを用いて、総合的なアプローチによって実施するもので、将来のパーソナルモビリティーのあり方やCO2削減効果の検証を行う。具体的には県内3市で、それぞれ以下の実験が行われる。1)さいたま市:都市部の駅周辺を拠点とした電動二輪車やEVの共同利用など、都市型移動スタイルの検討、及び住宅地における電動車両の低騒音価値の検討。2)熊谷市:大都市近郊の都市という特徴を活かした、籠原駅を拠点とするパーク&ライドに対するEVやプラグインハイブリッド車の適合性の検証と移動利便性の実証。3)秩父市:市の目指す「市民協働型のまちづくり」と連携した、電動カートを用いた高齢者の移動機会の創出と利便性向上策の検討。

新着情報メール配信サービス
RSS