本田技研工業(株)、次世代パーソナルモビリティの実証実験を熊本県・埼玉県で年内に開始

発表日:2010.07.20

本田技研工業(株)は、熊本県・埼玉県と共同で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車、電動二輪車、電動カートなど、次世代の電動パーソナルモビリティを用いた社会実証実験を2010年内に開始すると発表した。今回の実証実験は、実際の都市交通環境下において、二輪車・四輪車・汎用製品の電動化技術や、情報通信技術、太陽光発電によるエネルギー供給設備などを用いて、総合的なアプローチによって実施するもので、以下の効果検証や検討を行うという。1)次世代の電動パーソナルモビリティと、太陽光発電などの持続可能なエネルギー活用による、将来の低炭素社会の実現に向けた効果検証。2)地域社会における生活者の生活の質向上に貢献できる「将来のパーソナルモビリティのあり方」と都市交通システムの将来像の検討。なお今回は、同社の生産工場があるなど、これまで様々な協力関係を築いている両自治体との共同体制の下、より効果的な検証と両地域へのさらなる貢献を目指していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS