埼玉県、「次世代ソーラー水素ステーション」の実証実験を開始

発表日:2012.03.26

埼玉県は、「次世代ソーラー水素ステーション」の実証実験を開始すると発表した。同県では、本田技研工業(株)等と共同で、低炭素社会の実現や再生可能エネルギーの活用、燃料電池電気自動車の普及などを目的に、「次世代水素ステーション」の設置を進めてきた。今回、環境省の地球温暖化対策事業の一環として建設を進めてきた、「次世代ソーラー水素ステーション」が完成したことから、実証実験を開始する。同ステーションは、CO2を発生しない次世代型で、従来型と比べて小型で騒音も大幅に低減したという。同県は、今回の実証実験において、走行中にCO2を一切排出しない燃料電池電気自動車を公用車として活用しながら、「次世代ソーラー水素ステーション」及び燃料電池電気自動車の有用性などを検証する。なお、同実証実験は、平成25年度まで行われる予定。

新着情報メール配信サービス
RSS