トヨタホーム(株)、「家とクルマの連携」を実現するスマートハウス専用住宅を発売

発表日:2011.11.02

トヨタホーム(株)は、「家とクルマの連携」を実現するスマートハウス専用住宅を、2011年11月19日(土)から発売すると発表した。同住宅は、環境に配慮した家と、今後普及すると見込まれるEV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリット車)を連携させ、家もクルマもCO2排出「ゼロ」を目指す“新しい時代の新しい価値観を持った住まい”として開発したもの。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、太陽光発電、エコキュート、EV・PHV充電器、非常時給電システムなどを標準搭載している。スマートハウスの中枢となるHEMSは、家中のエネルギーの使用状況が液晶モニターに分かりやすく表示され、太陽光発電の発電状況や蓄電池の蓄電レベル、部屋ごとの電力使用状況などが一目で確認できる。また、深夜電力で蓄電池に蓄えた電気を翌日の昼間に効率よく使うなどのピークシフトを行い、昼間の電力負荷が高い時間帯の買電を抑制するなど、エネルギーの効率的な使い方を最適にコントロールするという。

新着情報メール配信サービス
RSS