トヨタ自動車(株)、プラグインハイブリッド車・電気自動車向けの充電サポートツールを開発

発表日:2011.11.14

トヨタ自動車(株)は、同社の顧客向けIT事業会社であるトヨタメディアサービス(株)とともに、プラグインハイブリッド車(PHV)及び電気自動車(EV)の家庭での充電をサポートするツールを開発し、2012年1月よりトヨタホーム(株)から販売すると発表した。このツールは、PHV・EVの利用者が、これらの車両を家庭で効率的かつ安心して充電できる機器である。具体的には、家庭内のPC、テレビやスマートフォンから、有線/無線の通信回線を介してこのツールとつなげることにより、PHV・EVの充電開始時間の設定・変更を行うことができるほか、家庭内の総電力消費量の確認もできる。さらに、スマートフォンの場合、トヨタスマートセンターを通じて外出先からも同様の操作・確認ができ、過去の電力消費実績も参照可能という。また、車両充電時に、家庭内の消費電力が契約電力を超える場合は、ブレーカーが落ちて停電してしまわないよう、自動でPHV・EVの充電を一時中断し、その後、電力消費に余裕ができると、充電を再開する。これにより、多くの利用者が現在の契約電力を変えることなく充電できる見込みという。

新着情報メール配信サービス
RSS