国内ニュース


 エス・バイ・エル(株)、大容量の太陽光発電システムを搭載できる大屋根等を備えた住宅を発売

発表日:2012.02.27


  エス・バイ・エル(株)は、大容量の太陽光発電システムを搭載できる大屋根とHEMS等の省エネルギー機器を備え、暮らしにゆとりを与える中庭を設けた住宅を、平成24年3月1日より販売開始すると発表した。今回販売する住宅は、消費者の環境意識の高まりに対応し、暮らしとエネルギーと環境の未来を考える新しい住まいのつくり方「スマートハウジング」をコンセプトとする新商品で、同社の伝統的な大屋根を採用し、太陽のエネルギーを十分に受け取る大容量の太陽光発電システムの搭載を可能とした。また、「スマートハウジング」に欠かせない家庭用蓄電システムやHEMS、オール電化(IHクッキングヒーター、エコキュート)等の設備を用意し、「創エネ、省エネ、蓄エネ」を可能としている。さらに、四季の移ろいやゆとりを感じることができる生活空間として中庭を取り入れている。同社では、今後も、エネルギーをより有効に使用し、快適で便利な、地球に優しい住まいを目指していくという。

情報源 エス・バイ・エル(株) ニュースリリース
機関 エス・バイ・エル(株)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | HEMS | 省エネルギー | エコキュート | 蓄電 | スマートハウス | 屋根 | エス・バイ・エル | 創エネルギー | 中庭
関連ニュース

関連する環境技術