熊本県、熊本県バイオマス活用推進計画を策定

発表日:2012.03.30

熊本県は、バイオマス活用推進基本法に基づき、「熊本県バイオマス活用推進計画」を策定したと発表した。同県は、全国屈指の農業県であり農業や畜産などの生産量が多いこと、また、県土面積の6割以上を占める森林資源が存在することなどから、未だに利用されていない豊富なバイオマスが存在している。今回、同県のバイオマス資源のさらなる活用を通して、持続可能な社会の実現を図るため、新たに熊本県バイオマス活用推進計画を策定した。同計画では、平成16年に掲げた「熊本県バイオマス利活用基本方針」を総括したうえで、今後のバイオマス活用の推進の方向性として、バイオマス活用の基盤整備や横断的プロジェクトの推進を行うほか、持続可能な社会のためのシステム構築や、バイオマスを利用したビジネスの支援等、新たな展開を図るとしている。目標年度は、平成32年。同県では、平成27年度に目標の達成状況、実施状況を把握するとともに、各施策の有効性について検証等を行い、必要に応じて、計画の見直しを行うとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS