トヨタ自動車(株)、電気自動車と住宅間で電力を相互供給するシステムを開発

発表日:2012.06.04

トヨタ自動車(株)は、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの電気利用車両と住宅間で、電力を相互供給するシステム(V2H)を開発したと発表した。同システムは、PHVに搭載した交流・直流変換器により車両から交流電力を供給するとともに、車両・充電スタンド・住宅の間のデータ通信により電力の流れを制御する。これにより、家庭内・地域内の太陽光発電を利用して作られた低炭素の電力(グリーン電力)や低コストの夜間系統電力を、車両に充電・備蓄しておき、電力需要のピーク時間帯などに車両に蓄えた電力を交流電力で家庭内に供給することができる。この最適な電力の流れは、家庭内に設置されたエネルギーマネジメントシステム(HEMS)によって自動制御される。さらに、災害時などには車両の蓄電池を非常用電源として利用することができ、PHV1台で一般家庭の日常使用電力の約4日分がまかなえる。同社では、「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の一環として、実証住宅約10世帯を対象に、2012年末から同システムの供与を開始する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS