富士通(株)、銅を高濃度で回収する廃水処理システムを長野工場に導入

発表日:2012.06.27

富士通(株)は、銅を高濃度で回収する(株)東芝の廃水処理システムを長野工場に導入し、2012年6月27日から運用を開始すると発表した。同社の長野工場では、プリント基板の製造工程から発生する廃水に含まれる銅の効率的な回収や、製造・廃水処理で使用する薬品やスラッジの削減に取り組んでいる。今回導入するシステムは、廃水をろ過する際に磁性体の機能粉を用いることで、中和剤以外の薬品を使用せずに、効率的に銅を回収することができるもの。これにより、銅含有スラッジから、廃水処理に使用する薬品などの不純物が少なく高濃度(90%以上)な銅を回収し有償化できるだけでなく、薬品の種類を1/4へ大幅に削減することによる環境負荷と運用コストの削減、さらに処理時間の短縮、施設の省スペース化が実現できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS