京セラ(株)、国内最大となる70MWの太陽光発電事業の運営会社を設立

発表日:2012.07.31

京セラ(株)は、出資会社6社と共に、国内最大となる70MWの太陽光発電事業の運営会社を設立したと発表した。設立された「鹿児島メガソーラー発電(株)」は、(株)IHI保有の鹿児島市七ツ島の土地に、出力70MWの太陽光発電システムからなる「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」を建設し、九州電力への電力供給を行う。同発電所の年間発電電力量は、一般家庭の約22,000世帯分に相当する約78,800MWhと予測され、年間約25,000tのCO2削減に貢献できる。2012年9月に着工し、2013年秋ごろの完成を目指す。同社では、同発電事業を通じて、太陽光発電による環境ビジネスの実現によって地域活性化に寄与するとともに、再生可能エネルギーの普及を促進することで地球環境ならびに地域や人類社会に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS