九州電力(株)、長崎県佐世保市におけるメガソーラー発電事業を実施

発表日:2013.02.28

九州電力(株)は、グループ会社の(株)キューデン・エコソルが、長崎県佐世保市でメガソーラー発電事業を実施すると発表した。九州電力では、国産エネルギーの有効活用、並びに地球温暖化対策として優れた電源であることから、風力・太陽光などの再生可能エネルギーの積極的な開発、導入を推進しており、特に太陽光は、同社発電所跡地を活用したメガソーラー開発を中心に取り組んでいる。今回、長崎県佐世保市の旧相浦発電所跡地において、キューデン・エコソルで2箇所目となる、10MWのメガソーラー発電事業を実施する。同発電所の想定年間発電力は、一般家庭約2,900戸分の年間使用電力に相当する、10,356,000kWh/年となり、CO2削減効果は約5,200t-CO2と推定されるという。運転開始は、平成25年度末である。

新着情報メール配信サービス
RSS