農林水産省、農地除染対策実証事業における農作物の試験作付結果を公表

発表日:2012.11.22

農林水産省は、農地除染対策実証事業における農作物の試験作付結果を公表した。同省では、平成24年2月から、農地除染の適切かつ効率的な実施に資するため、福島県において「農地除染対策実証事業」を行い、事業の結果に基づき8月に「農地除染対策の技術書」等を公表している。6月から10月まで実施した試験作付では、同事業によって除染した福島県飯舘村及び川俣町の農地において、除染効果を確認するため、水稲4ほ場(約1.2ha)及び野菜類1ほ場(約0.1ha)の作付を実施。作付に際しては、表土削り取りにより除染した農地に、客土、土壌改良資材の施用などの地力回復対策や塩化カリの施用による放射性セシウムの吸収抑制対策を実施した。その結果、収穫された玄米及び野菜類の放射性セシウム濃度は、全て検出下限値(13Bq/kg)未満であった。

新着情報メール配信サービス
RSS