欧州環境局、温室効果の高いFガスの2012年生産・輸出入データを公表

発表日:2013.10.02

欧州環境局(EEA)は、フッ素化ガス(Fガス)の2012年生産・輸出入データを公表した。対象Fガスは、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF6)の3種で、排出量ではEU27カ国の温室効果ガス(GHG)全体の2%に過ぎないが(2010年)、地球温暖化係数(GWP)が高く、SF6ガス1トンの温暖化効果は約2万4000トンのCO2に相当する。しかしオゾン層破壊物質の代替物質として使用されるなど、その使用量は増加している。1990~2011年の間に他の主なGHG排出量は大きく減少したが、Fガス排出量は50%以上増加した。2011~2012年のFガス輸出量は、2007年以来最も多いが、輸入量は10%減少、EU内での実際の使用量は、この2年間でほとんど変化はなかった(いずれもCO2換算)。欧州委員会は、2030年までにFガス使用量を3分の2削減することを目指し、販売量の段階的削減等を盛り込んだ新たなFガス規制案を2012年に提出した。

新着情報メール配信サービス
RSS