世界資源研究所、アメリカは2025年までの温室効果ガス排出削減目標を達成可能と分析

発表日:2015.05.27

世界資源研究所(WRI)は、アメリカは「2025年までに温室効果ガス排出量を2005年比で26~28%削減」という目標を達成できるとする分析を発表した。分析報告書では、電力部門、ハイドロフルオロカーボン消費、産業部門、天然ガスシステム等、10領域における排出削減策をまとめ、アメリカが目標を達成するための複数の道筋を示している。例えば、クリーン電力計画を完全に実施したうえ、現行の政策を強化・拡張し、他の排出源にも対処すれば、2025年までに温室効果ガス排出量を26%削減できるという。さらに、電力部門等で追加措置を取れば30%削減することまで可能だという。これらの排出削減措置は、すべて現行法の範囲内で実行できる。こうした排出削減対策が経済的利益を生むことを示すデータも増えている。新規の天然ガス火力発電所は、同じく新規の石炭火力発電所より19~44%も経費を削減できるという。WRIは、本報告書で示した措置を取ることで、アメリカは気候対策と強い経済を両立させ、国際的な取組を先導できるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS