アメリカ、自然資源のための気候変動リーダーシップ賞を創設

発表日:2015.11.12

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、アメリカ内務省や魚類野生生物局等の連邦機関及び州、部族機関らと「自然資源のための気候変動リーダーシップ賞」を創設すると発表した。この賞は、魚類や野生動植物を含めた自然資源の気候変動への適応力と回復力を高める活動で優れたリーダーシップを発揮した個人および団体に贈られるもので、すでに効果を上げ始めた革新的手法や行動を広く伝え、気候に強い自然資源の保全や管理を拡大することを目指している。本賞は、2014年に策定された「アメリカの自然資源の気候変動に対する回復力強化のための優先行動アジェンダ」および「魚類・野生動植物の国家適応戦略」に沿ったものである。自然資源は水・空気の浄化や海岸の保護など重要な働きをするほか、狩猟・漁業や野生生物に関連するレクリエーションは毎年1200億ドルを、海洋生態系を利用する海産食物産業は毎年約170万人の雇用と2000億ドルの経済効果を生み出している。野生動植物の保全と科学的管理に、気候変動への適応の要素を組み込む必要性が指摘されている。

情報源 アメリカ海洋大気庁(NOAA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ海洋大気庁(NOAA)
分野 地球環境
自然環境
環境総合
キーワード NOAA | 気候変動 | アメリカ海洋大気庁 | 適応 | 表彰 | 魚類 | 自然資源 | 野生動植物 | 回復力
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS