アメリカ西海岸、人間活動が海洋に大きな影響

発表日:2009.05.11

人間活動がアメリカ西海岸の海に大きな影響を及ぼしていることを示す研究成果が、Conservation Letters誌に掲載された。これは、国立生態学分析総合センター(NCEAS)のハルペン氏らによるもので、漁業等人間活動に起因する25種類の生態系ストレスについてデータを分析し、マップにとりまとめた。気候変動、漁業、商船の運航がこの海域への三大脅威になっているという。分析に当たっては、以前、地球規模の研究に用いた手法を改良し、地域レベルに応用。海の健全性を効果的に守り、維持していくために、海洋管理は、一つのセクターを対象にした管理から、生態系をベースにした総合的な管理へと移行する必要があることを明らかにした。また、地球規模の研究結果と地域レベルでの研究結果には高い関連性があり、世界での成果が、地域での取り組みに貴重な指針となる可能性があることも分かったという。研究成果によると、複合的な影響が著しいのは、都市中央やひどく汚染された河口域周辺だという。

新着情報メール配信サービス
RSS