森林の計画的な火入れ、CO2排出量の削減に役立つ可能性

発表日:2010.03.17

アメリカ西部の森林管理のために、計画的な火入れを実施することがアメリカ全体のCO2排出量を削減する可能性があるという研究成果が、国立大気研究センター(NCAR)の研究者らによって、Environmental Science & Technology誌に発表された。生態系に計画的に火を入れることで、藪が取り除かれ、深刻な森林火災の機会が減るため、炭素を多く固定する大型の樹木が保全され、大気中に排出されるCO2の量を減らすことができるという。衛星観測の結果や、排出量のコンピュータモデルによると、計画的な火入れを幅広く実施することで、西部地域での森林火災に伴うCO2排出量の平均18~25%を削減することができ、森林システムによっては、最大60%をカットすることができるという。アメリカ西部11州では、CO2排出量を年間1400万トン削減でき、これはアメリカ全体の年間CO2排出量の約0.25%に当たる。

新着情報メール配信サービス
RSS