オランダ、CO2貯留基地としてオランダ北部のガス田を提案

発表日:2010.06.24

オランダ政府は、大規模CO2回収・貯留(CCS)プロジェクトの開始場所として、北部3ヶ所のガス田が最有力候補地との見解を発表した。オランダは、CCSが省エネルギー、再生可能エネルギーとならぶ気候変動対策の柱であるとの観点から、実現に向けた可能性調査を行ってきた。政府の要請で調査に当たったガス会社は、貯留可能量、CO2輸送・貯留の費用対効果、各関係者の役割、大規模CCS事業の実現への障害について調査を行い、北部の9ヶ所を2015年のCCS実施候補地として特定。現在、政府はそのうちフローニンゲン州とドレンテ州にある3ヶ所を最有力候補地としているが、今後、詳細調査を行い、CCS事業としての安全性と環境上の要求事項を満たせば、2011年に最終決定するという。また、政府は関係自治体と共同して、住民及び関係者に十分な情報提供を行い、住民の意見に公正に対応するための包括コミュニケーション・プロセスを開始。自治体向けに個々の要求に応じた情報を提供するほか、地元の自然環境組織、企業、当局が意見交換をするためのプラットフォームも設置した。

新着情報メール配信サービス
RSS