アメリカ海洋大気庁と公共庭園協会、気候変動が緑地植物に及ぼす影響を普及啓発

発表日:2011.06.24

アメリカの海洋大気庁(NOAA)と公共庭園協会(APGA)は2011年6月24日、気候変動が公園緑地の植物や自然景観に及ぼす影響について知識普及を図るため、ペンシルバニア州ロングウッド庭園を実験的に取り上げ、両者の連携による新たな啓発活動を開始すると発表した。NOAAは、APGAとの連携により、気候変動に関する情報を大勢の観光客や地元の園芸家・農家などに提供できることから、気候変動が身近な自然の変化に直結するものとの認識と、適切な植栽や管理の知識を広める機会になるとしている。一方APGA側も、NOAAの質の高いデータをもとに、公共教育の一つとして個人の意識に訴えかけるとともに、気候変動に対する短期・長期的な取り組みを行い、自然の見守り役としての使命を果たしたいとしている。NOAAとAPGA双方の専門家らは交流を今後も続け、情報センターの立ち上げも計画している。活動の一環として、庭園内には年間最低気温の平年値の変化が植樹帯に与える影響を示した全米地図のパネルが設置された。

新着情報メール配信サービス
RSS