NEDO、太陽光発電システムの新たな導入場所や用途開拓で実証プロジェクトを開始

発表日:2013.11.18

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽光発電の更なる導入を実現するために、導入先となる設置場所及び用途を拡大していくことを目的とした「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」を開始すると発表した。NEDOでは、これまで太陽光発電の普及拡大に向けて、発電コスト低減を目的に高効率な太陽電池セルの開発や、太陽電池モジュールの低コスト化の事業を行ってきた。今回のプロジェクトは、導入ポテンシャルが大きいことが判明しているにもかかわらず導入が進んでいない分野(建物の壁面、農地やビニールハウス、傾斜地、ため池や湖畔などの水上など)に対して、導入を阻害する要因を解消するため、新たな太陽電池モジュールや施工技術、低コスト化・発電量向上化技術の開発、実証を行うもの。公募に提案のあった23件の研究開発テーマについて審査した結果、実証事業を行う共同研究先として、12件(14法人)を採択した。研究期間は、2013年度から2015年度である。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 太陽電池 | 技術開発 | 実証 | 低コスト | 施工 | 発電量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS