NEDO、フランス・リヨンでポジティブ・エナジ-・ビルディングの実証運転を開始

発表日:2015.09.18

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、フランス・リヨン市で実施中のスマートコミュニティ実証事業において、ポジティブ・エナジー・ビルディングの実証運転を開始したと発表した。スマートコミュニティ実証事業は、フランスのリヨン都市共同体(グランリヨン)が進めている都市再開発事業の中でも中核事業として位置づけられ、都市全体のスマート化を目指した実証を実施するもの。今回、新築ビルに太陽光発電や蓄電池、蓄熱材などを積極的に導入し、エネルギーマネジメントシステム(BEMS、HEMS)で管理することで、ビル内の消費量を上回るエネルギーを生み出すポジティブ・エナジー・ビルディングの実証運転を開始した。フランスでは、全ての公共の新築ビルをポジティブ・エナジー・ビルディングにするとの目標を掲げており、実証成果を今後広く展開していくことを目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
(株)東芝 プレスリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)東芝
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | フランス | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 東芝 | 実証 | ビル | 蓄電池 | エネルギーマネジメントシステム | リヨン市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS