NEDO、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトを拡充

発表日:2016.06.28

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトで新たにテーマを採択したと発表した。NEDOでは、太陽光発電の持続的発展に向けて、1)太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト、2)太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト、を実施している。今回、1)では太陽光発電システムの構造安全や電気安全等の課題に関する調査・研究・実証実験を実施し、安全確保のための設計ガイドラインを作成する3件のテーマを採択した。また、2)では回収・運搬・分別・修復等、使用済み太陽光発電システムの適正処分を実現する技術、使用済みの太陽電池モジュールをリユースするための技術の開発を行う2件のテーマを採択した。これらのプロジェクトを通じ、太陽光発電システムの長期信頼性向上や循環型社会システムの構築を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 太陽光発電 | リユース | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 技術開発 | 実証 | 安全性 | モジュール | 分別 | 適正処理
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS