環境省、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム(IPBES)第2回総会の結果を公表

発表日:2013.12.17

環境省は、平成25年12月9日から14日にトルコのアンタルヤで開催された、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)の第2回総会の結果を公表した。IPBESは、生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された組織。科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱とし、気候変動分野で同様の活動を進める「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の例から、生物多様性版IPCCとも呼ばれている。今回の総会には、77か国の加盟国が出席し、2014年から5か年の作業計画及び2014年、2015年予算、IPBESの概念的枠組み、学際的専門家パネル(MEP)選出手続き等について議論されたほか、初代IPBES事務局長としてアン・ラリゴーデリ博士(元DIVERSITAS事務局長)が就任することが発表された。

新着情報メール配信サービス
RSS