外務省と環境省、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間プラットフォーム(IPBES)の設立について発表

発表日:2012.04.23

外務省と環境省は、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間の科学及び政策プラットフォーム(IPBES)が設立されたと発表した。IPBESは、生物多様性と生態系サービスの分野を対象とする政府間プラットフォームで、気候変動分野で同様の活動を進める「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の例から、生物多様性版IPCCとも呼ばれている。IPBESは、科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱に、科学コミュニティと政策立案者の間の橋渡しを行うことを目的としており、2008年以降、国連環境計画(UNEP)の主催による3回のマルチ・ステークホルダー会合などを開催し、その組織体制や手続規則などに関する検討が進められてきた。今回、平成24年4月16日(月)~21日(土)にパナマ・パナマシティで開催された「IPBESのあり方及び制度的取り決めを決定するための総会」の第2回会合で、IPBES設立を決定する決議が採択された。また、IPBES事務局をドイツのボンに設置することが決まった。

新着情報メール配信サービス
RSS