環境省、IPBES評価報告書を題材にしたシンポジウムを開催

発表日:2019.11.21

環境省は、IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)評価報告書を題材にしたシンポジウムの開催概要を紹介した。IPBESは、生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化するプラットフォームとして、2012年4月に設立された政府間組織。その成果物は、世界中の科学者・専門家によって執筆され、IPBES総会による承諾後、加盟国において公表されている。第7回総会(2019年5月、於:フランス・パリ)において、「生物多様性及び生態系サービスに関する地域・準地域別評価報告書」の政策決定者向け要約が承認されたことから、令和元年12月21日に東京都下で、1)IPBES地球規模評価報告書の解説、2)社会変革についての専門家によるパネルディスカッション、3)自然共生社会の実現についての参加者によるグループディスカッションを通じて、生物多様性に必要な社会変革と一般市民ができることについて考えるという(事前申込制、参加費:無料、定員:200名)。

新着情報メール配信サービス
RSS