環境省と農水省、IPBES第6回総会の結果を公表

発表日:2018.03.27

環境省と農林水産省は、平成30年3月17日から24日にコロンビアのメデジンで開催された、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)の第6回総会の結果を公表した。IPBESは、生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された組織。科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱とし、気候変動分野で同様の活動を進める「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の例から、生物多様性版IPCCとも呼ばれている。今回の総会では、世界4地域別(アジア・オセアニア、アフリカ、南北アメリカ、ヨーロッパ・中央アジア)の評価報告書、及び「土地劣化と再生」というテーマに特化した評価報告書が受理され、政策決定者向け要約が承認・公表された。

新着情報メール配信サービス
RSS