MHIEC、愛知県の海部地区環境事務組合から一般廃棄物焼却施設の長寿命化工事を受注

発表日:2015.07.22

三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)(MHIEC)は、愛知県西南部の7市町村で構成される海部地区環境事務組合から、一般廃棄物焼却施設「八穂クリーンセンター」の基幹的設備改良工事を受注したと発表した。同施設は、三菱重工業の設計施工により2002年5月に完成したもので、処理能力110トン/日のストーカ炉3基および関連設備で構成され、5,000kWの発電能力を備えている。今回の工事では、処理能力330トン/日のストーカ式焼却炉設備を改修し、機能保全と延命措置をはかる。完成は2018年3月の予定。

情報源 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 廃棄物発電 | 焼却施設 | 長寿命化 | 愛知県 | 一般廃棄物 | ストーカ炉 | 三菱重工環境・化学エンジニアリング
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS