三菱重工グループ会社、東京23区清掃一部事務組合から有明清掃工場の改良工事を受注

発表日:2017.08.31

三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)(MHIEC)は、東京都の23特別区で構成される東京二十三区清掃一部事務組合から、一般廃棄物焼却施設「有明清掃工場」の基幹的設備改良工事を受注したと発表した。同施設は、三菱重工業の設計施工により1995年12月に完成したもので、処理能力200トン/日のストーカ式焼却炉2基および関連設備で構成され、5,600kWの発電能力を備えている。今回の工事では、経年的に劣化した焼却施設の給じん設備、灰処理設備、汚水処理設備、通風設備、煙道設備、集じん設備、電気計装設備、給水設備などを対象に主要機器の更新・改善を行う。また、排ガス処理設備についてバグフィルターの負荷(圧力損失)低減に伴う消費電力削減、各種電動機に高効率モーターやインバータを採用することにより省エネ化をはかり、CO2排出量を年間3%以上削減することで地球温暖化抑制にも貢献するという。なお、完成は2020年2月の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS