MHIEC、兵庫県西宮市から焼却施設改良工事を受注

発表日:2015.11.04

三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)(MHIEC)は、兵庫県西宮市から、一般廃棄物焼却施設「西部総合処理センター」の改良工事を受注したと発表した。同施設は、三菱重工業の設計施工により1997年8月に完成したもので、処理能力175トン/日のストーカ炉3基および関連設備で構成され、6,000kWの発電能力を備えている。今回の工事では、処理能力525トン/日のストーカ式焼却炉設備を改修し、長寿命化をはかる。また、MHIECの固有技術である新EGR(排ガス再循環)低空気比燃焼システムの採用や各種電動機をインバータ化することなどにより省エネ化をはかり、CO2排出量を年間20%以上(2,200トン-CO2/年)削減することで地球温暖化抑制にも貢献するという。なお、完成は2018年3月の予定。

情報源 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 省エネルギー | 焼却施設 | 長寿命化 | 一般廃棄物 | ストーカ炉 | 排ガス | 三菱重工環境・化学エンジニアリング | EGR | MHIEC | 西宮市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS