MHIEC、茨城県牛久市から一般廃棄物焼却施設の基幹的設備改良工事を受注

発表日:2015.11.09

三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)(MHIEC)は、茨城県牛久市から、一般廃棄物焼却施設「牛久クリーンセンター」の基幹的設備改良工事を受注したと発表した。同施設は、三菱重工業の設計施工により1997年3月に竣工したもので、処理量45トン/日の流動床式焼却炉3基および関連設備に加え、5時間当たり18トンの処理能力を持つ資源化施設(粗大ごみ処理破砕設備、びん・ペットボトル・缶の選別設備、主灰再資源化設備)で構成されている。今回の工事では、老朽化した焼却施設の燃焼設備、燃焼ガス冷却設備、排ガス処理設備、余熱利用設備、通風設備、電気設備、計装設備などを対象に既存主要機器の更新および整備を行う。機器更新においてインバータや高効率モーターを採用することなどにより省エネ化をはかり、CO2排出量を年間3%以上削減することで地球温暖化抑制にも貢献するという。なお、完成は2020年3月(5カ年継続事業)の予定。

情報源 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 省エネルギー | 流動式 | 焼却施設 | 長寿命化 | 一般廃棄物 | 焼却炉 | 三菱重工環境・化学エンジニアリング | MHIEC | 牛久市
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS