大成建設など、省エネと快適性を両立した業務用ビル液冷空調システムを開発

発表日:2015.11.24

大成建設(株)、(株)日建設計総合研究所、及び(株)朝日工業社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)プロジェクトにおいて、省エネと快適性を両立した新たな業務用ビル液冷空調システムを開発したと発表した。業務用ビルでのZEBの実現には、空調エネルギー消費量の大幅な削減が必要であった。従来の空気空調機方式の空調では、機器発熱が室内に拡散後、室内空気を冷却するため、低温冷水が必要となる上、温度分布ができ室内温熱環境にばらつきが生じていた。今回開発したシステムは、従来、室内に出していた機器発熱を発生源で中温冷水により冷却する液冷化と、回収温熱・太陽熱などの再生可能エネルギーを利用できる熱源システムを組み合わせたもの。業務用ビル空調として一般的な空冷ヒートポンプ熱源と空調機システムによる空調と比較して、年間空調エネルギー消費量80%以上の削減と、快適な室内環境の実現を確認した。今後、さらなる快適性向上と一層の省エネルギー化によってZEBの普及展開を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
大成建設(株) プレスリリース
(株)日建設計総合研究所 プレスリリース(PDF)
(株)朝日工業社 ニュースリリース(PDF)
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 大成建設(株) (株)日建設計総合研究所 (株)朝日工業社
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 省エネルギー | NEDO | 大成建設 | 空調 | ZEB | 液冷 | 室内環境 | 日建設計総合研究所 | 朝日工業社
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS