日本ユニシスなど、充電予定時間に応じた最適充電の実証を開始

発表日:2015.12.17

日本ユニシス(株)、トヨタメディアサービス(株)及び(株)豊田自動織機は、愛知県内において、EV/PHV複数台充電器の連動による充電予定時間に応じた最適充電の実証を開始すると発表した。3社では、平成26年度にEV/PHVの普及促進および利用促進のため、全国の充電器の位置情報や稼働状況を一元管理する「EV/PHV利用促進プラットフォーム」および同プラットフォームが把握する充電器情報を簡単に閲覧できるスマートフォンアプリ「全国EV・PHV充電まっぷ」を開発している。今回の実証では、アプリからプラットフォームに登録された充電予定時間をもとに、複数台充電器が短時間充電利用者に対して多くの充電電力を提供する優先順方式を用いる。また、設備能力、契約電力量に応じたピーク電力を効率的に配分することで電力の利用効率向上と運用コストの低減が可能となる。同実証では、ユニー(株)の協力のもと、大型商業施設で優先順方式による利便性の向上と利用効率向上によるCO2排出量の削減効果を検証するという。

新着情報メール配信サービス
RSS