気象庁、「オゾン層・紫外線の年のまとめ(2015)」を公表

発表日:2016.08.08

気象庁は、オゾン層と紫外線の毎年の状況に関する調査解析結果を「オゾン層と紫外線の年のまとめ(2015)」として取りまとめ、公表した。同庁では、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(オゾン層保護法)」で定められた観測の成果、人体に影響のある紫外線の変化等を取りまとめ、毎年8月頃に前年までの状況を公表している。2015年版には、1)世界のオゾン全量は、2000年以降わずかに増加しているが、依然として少ない状態が続いていること、2)国内のオゾン全量(札幌、つくば、那覇、南鳥島)は、1990年代半ば以降、緩やかな増加傾向がみられること、3)南極のオゾンホールの長期的な拡大傾向はみられなくなったが、依然として大きい状態が続いていること、4)国内の紫外線については、1990年頃から増加傾向が明瞭に現れており、雲量とエーロゾルの減少が原因と考えられることなどが報告されている。

新着情報メール配信サービス
RSS