気象庁、今年の南極オゾンホールは1990年以降で3番目に小さかったと発表

発表日:2010.10.27

気象庁は、2010年の南極オゾンホールの状況について、米国航空宇宙局(NASA)の衛星データに基づく解析結果を発表した。それによると、今年は8月にオゾンホールが現れたのち拡大し、9月25日に年最大面積である2190万km2まで広がった。これは、最近では2002年に次いで小さく、1990年以降では3番目に小さな値で、オゾン層破壊の促進に関係する南極域上空の低温域(-78℃以下)の面積が、7月中旬から8月にかけて例年に比べて小さかったことが原因と考えられるという。南極上空のオゾンホールは、例年、10月上旬までに最盛期を迎え、その後徐々に縮小する。現在、オゾンホールの盛衰と密接な関係のある南極域上空の極渦は弱まり始めており、オゾンホールは今後徐々に縮小し、11月~12月にかけて消滅すると考えられる。また、オゾンホールの規模は、南極上空の成層圏の気象状況によって年々変動するが、長期的には、成層圏のオゾン層破壊物質の濃度に伴って変化している。現在、オゾン層破壊物質の濃度は、1990年代以降ピークを過ぎ緩やかに減少しているものの依然として高い状態が続いており、今後も注意深く観測していく必要があるという。

新着情報メール配信サービス
RSS