環境省、第6回世界自然保護会議の結果概要を公表

発表日:2016.09.13

環境省は、平成28年9月1日から10日に米国・ホノルルで開催された、国際自然保護連合(IUCN)主催の第6回世界自然保護会議(WCC6)の結果概要を公表した。同会議は、IUCNの4年に1度の会員総会と、それに併せて行われる「世界自然保護フォーラム」で構成されたもの。今回、IUCNを構成する会員や科学者など192カ国から1万人以上が参加し、日本からは外務省、環境省、水産庁、IUCN日本委員会などのNGO他から50人以上が参加した。全体テーマは、「Planet at the Crossroads(岐路に立つ地球)」で、貧富の差の拡大や経済成長による生態系の健全性への影響の発生などにより岐路に立つ地球で、自然資源を保全しつつ一般の福利を向上させる政策・経済・文化・技術的選択が存在することも念頭に、各主体が協力していくことの必要性を表現したもの。会員総会では、生物多様性保全などに係る約100件の動議の採択やIUCNの2020年までの活動計画の決定のほか、役員選挙が実施されたという。

新着情報メール配信サービス
RSS