環境省、第5回世界自然保護会議の結果概要を公表

発表日:2012.09.20

環境省は、平成24年9月6日~15日に韓国の済州島で開催された、国際自然保護連合(IUCN)主催の第5回世界自然保護会議の結果概要を公表した。同会議は、IUCNの4年に1度の会員総会と、それに併せて行われる「世界自然保護フォーラム」で構成されたもの。今回、153カ国からIUCNを構成する会員及び科学者等10,000人以上が参加し、我が国からは外務省、環境省、水産庁及び国際自然保護連合日本委員会等NGO等から40人以上が参加した。全体テーマは、「Nature+(ネイチャープラス)」で、自然が私たちの生活のあらゆる側面とつながっているという重要性と、自然のレジリエンス(回復力)の向上について表現した。IUCN会員総会では、役員選挙が実施され北島信一氏(前ジュネーブ代表部大使)が南・東アジア地域の地域理事として選出されたほか、生物多様性保全等に係る動議が約180件採択されたという。

新着情報メール配信サービス
RSS