国環研など、GOSATによるアジア上空のメタン観測データの精度を検証

発表日:2016.09.23

国立環境研究所は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)について、観測能力の高さを実証したと発表した。2013年8・9月、GOSATでは、中国北東部-朝鮮半島域および日本上空において、2009~2013年の夏季の平均よりも約20ppb高濃度のメタンデータが検出された。この結果を、GOSATと同様の原理で測定している地球規模の全量炭素カラム観測ネットワーク(TCCON)と比較したところ、同様のメタン濃度であったことが確認された。一方、メタン濃度が高くなった原因を調べるために、大気輸送モデルを用いた解析を行った結果、2013年夏季はアジア上空の気圧配置が例年と異なり、中国東部のメタン発生源地域から日本へあまり希釈されずに高濃度メタンが輸送されたことが分かった。これらの結果は、GOSATの観測能力の高さを裏付けるものであり、TCCONデータと同程度の確度でメタン観測データを収集することにより、総観規模(数千km規模)の大気輸送モデル解析に有効であることが実証できたという。

情報源 国立環境研究所 報道発表
機関 国立環境研究所 名古屋大学 太陽地球環境研究所(現:宇宙地球環境研究所) 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 気象庁
分野 地球環境
キーワード 人工衛星 | GOSAT | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | メタン | アジア | いぶき | 観測 | 大気輸送モデル | TCCON
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS