NEDO、フィリピンで新公共交通システム実証事業を開始

発表日:2016.10.20

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、フィリピン共和国貿易産業省(DTI)および同国イントラムロス監督庁(IA)と共同で、三輪の電気自動車(EV)とEVエコシステムを組み合せた新公共交通システム実証事業を開始したと発表した。フィリピンでは、自動車排気ガスによる大気汚染、騒音、交通渋滞といった交通に起因する環境負荷問題の解決方法の一つとして、EV技術およびITを用いた効率的な公共交通機関の実現に強い関心を示している。今回の実証事業は、2016年4月にNEDO、DTI、IAの3者が基本協定書を締結したもの。ソフトバンク(株)が委託先となり、2016年10月から2018年9月まで約2年間、マニラ市内イントラムロス地区において、交通事情を踏まえた定期運行管理、車両稼働率管理、EV充電管理などを実施し、現地ニーズを満たした公共交通システムを実現できるかを検証する。この取り組みを通じて、同国への新公共交通システムの導入・普及実現とともに、エネルギー消費量85%削減を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
ソフトバンク(株) プレスリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ソフトバンク(株)
分野 地球環境
大気環境
キーワード 電気自動車 | 公共交通 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | 排気ガス | フィリピン | エネルギー消費量 | エコシステム | ソフトバンク
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS