環境省、2℃目標と整合した削減目標(SBT)の策定等を行う企業を募集

発表日:2017.06.16

環境省は、Science Based Targets(SBT)の策定及びサプライチェーン排出量の算定を行う企業を募集すると発表した(募集期間:平成29年6月16日~7月7日)。SBTは、科学的知見(産業革命前からの気温上昇幅を2℃上昇未満に抑える)と整合した目標設定のこと。SBTに整合した意欲的な目標を設定する企業を認定する国際イニシアティブが大きな注目を集めている。一方、サプライチェーン全体での排出量(スコープ1,2,3)の算定は、サプライチェーン上で優先的に削減すべき対象の特定、また、他の事業者との連携による効果的な削減につながるものであり、日本でも事業者の取組が進んでいる。今回、SBTの認定を受けていない企業やサプライチェーン排出量の算定に着手していない企業等を対象に(30企業)、SBTの策定およびサプライチェーン排出量の算定に関して、認定基準等の解説やノウハウの提供を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS