環境省など、アフリカのきれいな街プラットフォーム(第2回年次会合)の成果を公表

発表日:2019.08.29

環境省は、独立行政法人国際協力機構(JICA)、横浜市、国連環境計画(UNEP)および国際連合人間居住計画(UN-HABITAT)と共に「アフリカのきれいな街プラットフォーム(第2回年次会合)」を開催し、会合の概要や成果を公表した。同会合は、令和元年8月26日、27日にアフリカ38カ国の参加を含む、約400名が参加して、横浜市で行われる第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式サイドイベントとして開催された。「レジリエントな都市の実現に向けた持続可能な廃棄物管理」をテーマに、廃棄物管理の経験と技術や、廃棄物管理に関する環境教育・住民啓発、SDGs達成に向けた廃棄物データ活用、廃棄物管理の改善に向けた資金動員等について議論が行われた。ハイレベルセッションでは、アフリカの廃棄物管理の向上に対する同省の貢献についてステートメントが行われ、成果文書としてACCPの今後の活動の方向性を示す「ACCP横浜行動指針」が採択された。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 ごみ・リサイクル
環境総合
キーワード 環境省 | 国連環境計画 | 国際協力機構 | 横浜市 | アフリカ開発会議 | アフリカのきれいな街プラットフォーム | サイドイベント | 国際連合人間居住計画 | レジリエントな都市の実現に向けた持続可能な廃棄物管理 | ACCP横浜行動指針
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS