農林水産省、気候変動枠組条約次期枠組みに関する特別作業部会の開催結果(森林・農業分野)を公表

発表日:2009.10.13

農林水産省は、平成21年9月28日~10月9日に、タイのバンコクで開催された「京都議定書の下での附属書I国の更なる約束に関する第9回特別作業部会(AWG-KP9)」、「条約の下での長期協力行動のための第7回特別作業部会(AWG-LCA7)」の結果を公表した。同会議には、180カ国の締約国、関係国際機関、NGO等の約1,700人が参加。森林・農業分野に関しては、AWG-KP9で、2013年以降の次期枠組みにおける、先進国の森林・農業等の吸収源の取扱いについて議論。その結果、我が国の意見も含めて改訂版の合意文書案として取りまとめ、平成21年11月にスペインのバルセロナで開催される次回会合で引き続き検討することとなった。またAWG-LCA7では、途上国における森林減少・劣化に由来する排出の削減や、気候変動における農業分野の取扱いについて議論し、森林のガバナンス、先住民等の参加、生物多様性の保全の促進等が整理された。

情報源 農林水産省 プレスリリース
機関 農林水産省
分野 地球環境
自然環境
キーワード 森林 | 気候変動 | 農林水産省 | 特別作業部会 | 京都議定書 | AWG-LCA | AWG-KP | 農業 | バンコク | 吸収源
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS