東京都、家庭用燃料電池(エネファーム)の設置に対する補助事業(令和2年度)の受付を開始

発表日:2020.07.30

東京都は、令和2年度水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(家庭部門)「家庭用燃料電池(エネファーム)の設置に対する補助事業」の受付を開始すると発表した。同事業は、家庭部門におけるエネルギー消費量の削減と、非常時の自立性の向上を目的として、家庭用燃料電池(エネファーム)を設置した住宅に、その費用の一部を補助するもの。補助対象者は、助成対象機器の所有者、集合住宅の管理組合、住宅供給事業者等で、主な補助要件は、1)都内の住宅に新規設置、2)設置日がPEFC(固体高分子形燃料電池):令和2年4月1日~令和4年3月31日、SOFC(固体酸化物形燃料電池):令和2年4月1日~令和6年3月31日、3)停電時発電継続機能付き、などとなっている。補助対象機器と補助率は、PEFC:700ワットで機器費の1/5、SOFC:700ワットまたは400ワットで機器費の1/5である(募集期間:令和2年8月3日~(PEFC)令和4年3月31日、(SOFC)令和6年3月31日)。

新着情報メール配信サービス
RSS