三菱重工パーキング(株)、電気自動車やプラグインハイブリッド車専用の充電機能を持たせた立体駐車場を開発

発表日:2009.12.15

三菱重工パーキング(株)(三菱重工業(株)が100%出資)は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)専用の充電機能を持たせた、エレベーター式立体駐車場を開発し、2010年1月より営業活動を開始すると発表した。この立体駐車場は、マンションやテナントビルなどに広く採用されているエレベーター式立体駐車場の改良版であり、自動車を載せるパレットにEVやPHV専用の充電コンセントを設置し、充電ケーブルを接続した後に通常の入庫操作をするだけで、自動的にEVやPHVに充電することができるのが特長。利用者は、夜間など駐車している間に走行に必要な電気を充電できる。同社は今後、エレベーター式立体駐車場の新規建設時のみならず、既設駐車場への後付け改造も手掛ける方針であり、立体駐車場以外にも、垂直循環式や平面往復方式などの駐車場にも充電機能を持たせていく予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS