長野県、「長野県ゼロカーボン戦略」を策定

発表日:2021.06.08

長野県は、「長野県ゼロカーボン戦略~2050ゼロカーボン実現を目指した2030年度までのアクション~」を策定した。2030年までに温室効果ガス正味排出量の6割減を目指すほか、再生可能エネルギー生産量を2割増、最終エネルギー消費量を4割減とすることを目指す(いづれも2010年比)。この計画は、地球温暖化対策の推進に関する法律第21条の規定による地方公共団体実行計画等に位置づけられ、2021年度から2030年度までの10年間の計画。分野別の計画として、「交通」においては、2050年に「自動車は全てEV・FCV、歩いて楽しめるまち」とするため、「2030目標」として国道19・141・406号等において充電インフラの未設置区間ゼロを掲げる。「建物」分野においては、「2030年目標」として「全ての新築建築物のZEH・ZEB化を実現」することとしている。同県は、この計画に沿って、地球温暖化対策及び環境エネルギー政策を推進していくという。

情報源 長野県 発表資料(プレスリリース)
機関 長野県
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 充電インフラ | 交通 | ZEB | ZEH | 長野県 | 最終エネルギー消費量 | 環境エネルギー政策 | 長野県ゼロカーボン戦略 | 温室効果ガス正味排出量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS