山口県、海洋プラごみ啓発パンフを作成・えほん専門店とコラボ

発表日:2021.06.10

山口県は、絵本やおもちゃなどを取り扱う(株)クレヨンハウス(本社:東京都港区)とコラボレーションして、海洋プラスチックごみ対策の啓発パンフレット『プラスチックモンスターをやっつけよう!』を作成した。日本海・瀬戸内海・響灘の3つの海に開かれ、本州最西端に位置する同県は、多様な海の生態系を擁し、角島大橋(下関市)からの景色やキワ・ラ・ビーチ(宇部市)などは観光地として知られている。近年、国内外から大量の漂着物が押し寄せ、同県が実施した調査では、県内の海岸や海底にあるごみのうち、約8割がプラスチックであった。そこで、東京農工大学の教授が監修し、クレヨンハウスから出版されている絵本とコレボレーションしたパンフレットを発行した。キレイな海を守るため、県民総参加で取り組む海洋プラスチックごみ対策について掲載しているという。なお、同県は県内の小学校で、クレヨンハウス・東京農工大学をリモートで結んだオンライン学習会を併せて開催する。

新着情報メール配信サービス
RSS