環境省、ALPS処理水に係る海域モニタリング専門家会議(第2回)を開催

発表日:2021.08.03

環境省は、「ALPS処理水に係る海域モニタリング専門家会議」(第2回)を令和3年8月6日に開催する。動画チャンネル(YouTube)でライブ配信され、誰でもWEBで傍聴することができる。同会議は、令和3年4月13日に決定された「東京電力ホールディングス株式会社福島第一原子力発電所における多核種除去設備等処理水の処分に関する基本方針」に、海域モニタリングを強化・拡充することが盛り込まれたことに基づき、政府の「モニタリング調整会議」及び同会議の下に設置された「海域環境の監視測定タスクフォース」における海域モニタリングの検討及びその実施について、助言等を行うことを目的として設置するもの。筑波大学、国立環境研究所、京都大学複合原子力科学研究所の研究者ら7名で構成され、第2回目となる今次会議では海域環境モニタリングについて議論される。

情報源 環境省 報道発表資料
〔傍聴〕環境省水環境課公式動画チャンネル 
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード 環境省 | 国立環境研究所 | 放射性物質 | 福島第一原子力発電所 | 筑波大学 | YouTube | 東京電力ホールディングス | ALPS処理水 | 多核種除去設備等処理水 | 海域環境モニタリング
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS