環境省、「小笠原諸島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による調査の詳細を公表

発表日:2010.06.18

環境省は、平成22年1月に世界遺産一覧表への記載のための推薦書を提出した「小笠原諸島」について、世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)の専門家による調査の目的、調査者および日程の詳細を公表した。同調査は、IUCNによる専門的評価プロセスの一部として、平成22年7月2日(金)から15日(木)まで実施され、その主な目的は次のとおりとなっている。1)推薦地の全ての側面についての把握、2)推薦区域の境界線の調査、3)管理のためのシステムとその有効性の評価、4)推薦地に対する現在及び将来の脅威に関する調査、5)推薦に対する地域のサポートに関する評価。

新着情報メール配信サービス
RSS